サイトを通して恋人ができました:体験談「女性」

それなりに予想はしていました。

人気№1
らぶらぶメール
>>出会い系サイトの詳細はこちら
人気№2
SWEET LINE
>>出会い系サイトの詳細はこちら
人気№3
ツーピース
>>出会い系サイトの詳細はこちら

というよりもそれはある意味覚悟ともいえるものです。私が三十路に突入した途端に、一斉に周囲から結婚のことを聞かれることからは逃れられない現実は理解していました。

私は実家を離れて一人暮らしをしています。職場にも近いという理由もあるのですが、やはり一人暮らしというのは寂しいものです。歳を重ねるごとに実家に帰るのが嫌になりました。私が実家に帰るときというのはお盆や正月などですが、必ず親戚中が集まっているときに帰省しなければならないというのが徐々に億劫になっていくのです。

結婚しろだとか言う方は勝手ですが、それは私の問題であって、周りからとやかく言われることではないはずですよね。20代後半や30代で結婚しなければならないという法律があるわけでもないし、本人が焦ってもないのに周囲がバタバタすることでもないと思うのです。出会うべき相手がいればいつか出会うだろうという考えが私の考えなのです。

たしかに会社の後輩が寿退社していくのを見るたびに羨ましいとは感じます。だからといって焦りを覚えたことは一度たりともありませんでした。

そんなときでした、私がよく読むファッション雑誌に出会い系サイトの広告が載っていたのです。何の気なしに登録したのですが、いつの間にかサイト内でのメル友が増えていって、その中の1人と意気投合したのです。サイト内でやり取りしているうちに、いつしか相手の返信が待ち遠しくなってきて、どうしても会ってみたくなったのです。そこで、素直に彼に伝えました。「あなたが気になるから、1度会って話をしたい」と。

彼は驚く風でもなく、快く快諾してくれました。会って、ますます自分の気持ちが本物であることが分かりました。彼も誠実な人でメールでは分からなかった部分も知ることができました。会ったその日に彼が告白してくれて、交際が始まりました。

出会いにもっていくタイミングを計る

サイト内でやり取りを重ね、それを出会いへとつなげていくためには、一種の「間」が大切です。つまりタイミングです。

相手からメールが来たからといって、ただ返信していればいいというものではありません。もちろん返信しなければ出会いは得られませんが、返信が早すぎても遅すぎてもいけません。優良サイトのなかには、相手がサイト内にログインしているかどうかが分かるサイトも存在しますから、そうしたもの活用して返信のタイミングを計るのが賢明です。つまり、相手がサイト内にいるタイミングで返信をすれば、相手からの返信率も上がります。もし相手がログアウトしているようであれば、少し間をおいてから返信するようにしましょう。

重要なのは、ガツガツしないという心掛けです。返信がないからというだけの理由で連続してメールするようなことは避けましょう。相手に返信を催促するようなメールもNGです。そんなことをしたら最期、二度と返信は貰えないでしょう。

もちろん最初はなかなか返信をもらうことができずに大変な思いをするはずですが、根気強く粘ることが出会いを得られる最善の方法でもあるわけです。返信をもらったら今度はそれを継続していく大変さもあります。たった1通の返信をもらえただけで安堵しないようにしたいものです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ